2006年03月16日

『ホテル・ルワンダ』

昨日はひかるちゃんと映画を観てきました。
彼女がついて来たと言うべきか(笑)

『ホテル・ルワンダ』

日本で上映される予定のなかったこの作品が、高校生がネット上で始めた署名活動の末に公開される運びとなったということが、素晴らしい。

たった10年ほど前に地球上でこんなことが起っていたなんて。
いったい誰が悪いのか?
ハリウッド映画のようにわかりやすい悪はいない。
元々国家としてまとまっていた二つの種族に差別を持ち込んだのはベルギーらしいけど。
第1次大戦の戦利品として国際連盟からルワンダをもらったんだって。
なんじゃいそりゃ。
統治しやすくするために分裂させる。。。そんなんしていいん!?

そして起った大虐殺。ホテルに逃げ込むツチ族たち。
ベルギーの国連軍の到着に歓喜したのもつかの間、
彼らが助けに来たのは国連軍の負傷兵・職員、外国人だけだということを知る。
HPのトップにも映画のパンフの表紙にも呆然と立ち尽くす「黒人」たちの絵があって、
これは何かなと思っていたんだけど、
自分たちは捨てられたと自覚した瞬間だったんだな。

残酷なシーンはそれほどない。
それより象徴的に音とか雰囲気で伝わってくるものが恐ろしい。
狂ったようにツチ族を殺しまくるフツ族たちの異様さ。
ヒーローはいない。
誰も助けに来ない。
主役のポールはただの外資系のホテルの支配人。
それが機転とコネとはったりで1200人もの人を救うのだ。
そりゃあもう、ハラハラドキドキですよ。
この人たちは逃げられたんだってわかってたからちょっと安心して観られたけど^^

人間て怖い。
「あんたね、幽霊より人間のがよっぽど怖いよ」
ってのはアタチとろこちゃんによく言われるけど。

関東大震災の時の朝鮮人虐殺を思い出した。
他人事じゃないのかも。

そうそう!
ホテルの親会社の社長役でジャン・レノが出てたの!
ポールを外から助けるために少し力を貸してくれる役。
ジャン・レノだ!
って小さく叫んじゃった(笑)
posted by coro at 10:32| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
想像しただけで、怖い・・・
同じ人間なのに意味もよくわからず殺しあうなんて悲しいよね。
愛する人たちを戦場には行かせたくないよ。
Posted by チャエ at 2006年03月16日 11:49
☆チャエさん

そうなの。
二つの部族だって、見た目ほとんど変わらないのよ。
同じ神を信じて、同じところに住んで、同じ言葉をしゃべってるんだよ。
人種間結婚もしてるし、どうやって分けるねん!って感じ。
人間同士で優劣をつけるってのは哀しいよね。
誰も殺したくないし、殺されたくないね。
Posted by coro at 2006年03月16日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14889960

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。